ゲームエンジニアが成功するための心構え

ゲームエンジニアはエンターテイメント産業に関わる人間なので、他の職業の人とは心構えからして少し違っているのだ。顧客を楽しませることが第一の目標となるので、その点を達成するために普通では考えられないことまでしなければならない。

まず、他の職業の人は仕事上で自分が楽しむということをあまりする機会はないかもしれない。しかし、ゲームエンジニアの場合には仕事をしている本人がどれだけ楽しめたのかが鍵になることが多いのである。本人が楽しんでやらない限り自由な発想は生まれず、どうしても堅苦しい印象の作品しか作れなくなってしまう可能性が高い。そのため、いくら仕事がハードで精神的に厳しくても、心に余裕と遊び心を持って仕事に当たらなければならない。そうしないと、まるでロボットのように単純作業を繰り返してしまうこととなる。

柔軟なアイデアこそが作品の魅力になるので、仕事をしている間は常に楽しみ続ける心意気が求められる。チームで楽しく話し合うことも大切だ。ブレインストーミングと言って、遊んでいる中で素晴らしいアイデアが突如として浮かび上がってくることは多いのだ。遊びが無駄にならずに仕事に繋がることを忘れないようにしなければならない。

なので、会社によってはフレックスタイム制を導入して、社員に心の余裕を持たせる工夫をしているところもある。社員食堂に美味しいものを取り揃えたり、仕事をこなしたなら残りの時間は遊んでいても大丈夫という会社も続々登場してきているのだ。福利厚生の一貫で、社内にエンジニアが楽しめる空間を用意しているのも、ゲーム開発会社の特徴と言えるだろう。これからは仕事であるからこそ楽しめるエンジニアでなくてはならない。長きにわたりゲーム業界で活躍するためにも新しい情報を入れ、発想力も豊かにしておきたいものである。面白みのあるこちらのサイトなどは実際業務に有益と働くのではないだろうか。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.