エンジニアが感じているゲーム開発の面白さ

ゲームは面白いエンターテイメントのコンテンツである。またさらに、その作品を作ることにも興味が持てる。人を喜ばせるエンターテイメント作品を作るのは楽しいものである。しかし、作品の開発を仕事とするのであれば、ヒットを目標としたい。大きなヒットを記録すれば、それだけ多く稼げる。せっかく働くのであれば大きく稼げたほうがいい。

多くのクリエイターたちは、ヒットを目指して日夜開発に打ち込んでいる。しかし実際には、ヒットするゲームを開発するのはハードルが高い。プレイヤーたちに受け入れられるような面白い作品とはどのようなものであるのか、明確な回答は現実には存在しない。そのため、ヒット作品を作り出すのは手探りの作業である。

開発エンジニアとして作品制作に携わっていると、自身が手がけた作品に強い愛着を感じるようになる。しかし作品に対するプレイヤーからの評価は、開発者自身の愛着とは関係なく全くの別者である。そのため、例え作品に強い愛着を感じていたとしても、一方で客観的に開発中の作品を評価する視点も必要である。

時には、開発で進んだ工程を巻き戻して、作業をやり直すといった場面もよくある。しかし、本当に面白い作品を作り出すためには妥協は禁物である。作品の開発中には、エンジニアはその仕事に面白さを感じると共に、ジレンマにも悩まされる。そうして多くの困難を乗り越えて完成した作品がプレイヤーによって評価されるのだ。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.