分業制が徹底しているゲームエンジニア業界

分業制がきちんと敷かれているおかげで、ゲーム系のエンジニアはそれぞれの得意なことを毎日する流れが一般的だ。CGを担当するエンジニアは、完全にCGソフトのみを触っていればいいので仕事に集中できる。また同じCGクリエイターでも、人によってはモデリングを担当することもあれば、テクスチャ素材の作成をメインに活動することもある。一つの部署の中でもさらに分業化が進んでいるわけだ。

ゲームのエンジンはもちろんプログラミングである。プログラマーは、ゲームプランナーやデザイナーの指示に従って彼らの要求を実現するために知恵を絞る。時には無茶な要求を突きつけられることもあるので、楽な仕事ではない。ただ、プログラミングは作品のコアを構成するもので、ここをしっかりできたかどうかでその作品の評価も変わってくることがある。

IT業界における花形職業になるので、大変だが志望者数はかなりの数に上る。音楽を作る人も、エンジニアと呼ぶことが多い。主題歌はそうでもないが、BGMや効果音を作る人は完全にこちら側の人間だからだ。最終的には、出来上がったパートをテスターがテストプレイをすることとなる。ここで大量のバグが見つかるのが普通なので修正をしての繰り返しとなる。本当の最後に多少のバランス調整をすると、晴れて作品の発売となる。

業務内容は人によって全く違う点が面白い。作品が発売されたときの感動も、部署によっては全く違ってくることがあるのはこうした理由からだ。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.